色々な医師に関するテーマを調べまとめるサイト「Mrs.ベーリングの研究所」

おすすめ医師転職サイトまとめ【Mrs.ベーリングの研究所】

Uncategorized

うつ病と不眠の診断

更新日:

不眠症というのは、夜布団の中に入っても寝付けなかったり、夜中に目が覚めてしまったり、あまりよく眠れない感じがするなどといった様々な「眠れない」症状と、お昼に調子が悪いというような状態のどちらも該当すると言われているようです。不眠の症状から見られる「お昼の調子の悪さ」というものを調べてみると、うつ病の患者とパターンが似ているという結果が出ていると言われているようです。一般的に不眠の症状と言われているのは、体重減少、不快感、疲れやすさ、腰痛、頭痛というのが主な症状と考えられています。不眠という症状と消化器の不調という症状が併発するというのは意外に思われる方も多いようです。今あげたのは身体的な症状ですが、精神的な症状を挙げてみると「さまざまなことに興味が持てない」「ネガティブな思考になる」「日常的にイライラしてしまう」などのように、うつ病とよく似た症状がでると考えられています。こうしたことから、あまり眠れない状態がつづき、症状が長期間にわたってよくならない不眠症の場合、もしかしたらうつ病が関係していると考えられるかもしれません。不眠の方がうつ病になりやすいのか、うつ病の方が不眠になりやすいのか今のところはっきりとした結果は出ていないようですが、この二つにはなにか強いつながりがあるのは間違いないのではないでしょうか。医師は、一般の方と比較しつつ、不眠の方とうつ病の方の関係性をよく考えていくことが重要といえるでしょう。

-Uncategorized

Copyright© おすすめ医師転職サイトまとめ【Mrs.ベーリングの研究所】 , 2019 All Rights Reserved.