色々な医師に関するテーマを調べまとめるサイト「Mrs.ベーリングの研究所」

おすすめ医師転職サイトまとめ【Mrs.ベーリングの研究所】

Uncategorized

医師によるがん治療の服薬アドヒアランス

更新日:

患者ががんの治療に積極的に参加するために必要な情報として薬の効果と副作用があると思います。うつ病の知識が広まり、症状が軽いうちに医療機関を受信しようとする患者が増え、外来での治療も可能になり、うつ病治療では日常生活のなかできちんと薬を飲んでもらうということの重要性が大きくなりました。うつ病患者の場合、服薬を中断してしまう多くの理由は副作用と、それに対する説明の不足が要因となっています。たとえばSSRIを処方されたとすると、副作用はだいたい2週間後ぐらいから胃腸障害が起こることがあります。薬を飲む際、副作用とその対策についてきちんと説明がされていないと患者はその副作用の苦痛から勝手に薬を飲むのをやめてしまうという恐れがあるのです。服薬については今まで医療者は患者に対して薬を飲ませるという態度でのぞみ、患者に対して説得するということに重点が置かれていました。しかし今の医療ではインフォームドコンセントというのが重要視されており医療者は患者に対してわかりやすく説明し、治療に納得して協力してもらうという流れになっています。最近では患者が説明を受けた上で自らの意思で治療を選ぶというインフォームドチョイスという概念も登場してきました。この考え方とおなじものが服薬アドヒアランスというものです。服薬アドヒアランスを向上させるためにはチーム医療が必要不可欠です。患者を説得して薬を飲ませるというのではなく、患者もチーム医療の一員と考え積極的に治療に参加してもらうためにはどうしたらいいかと考えることが重要です。なので医療者は患者が参加しようと思えるようにきちんと情報を発信しなければなりません。必要な情報とは薬の作用と副作用です。服薬アドヒアランスがよいということは患者と医療者が薬の区丘と副作用についてきちんと理解しているということです。とくに薬についてきちんと説明できる医師と薬剤師は患者とコミュニケーションをとり、患者やその家族に対して薬の効果と副作用について知らせていくということが求められています。

-Uncategorized

Copyright© おすすめ医師転職サイトまとめ【Mrs.ベーリングの研究所】 , 2019 All Rights Reserved.