色々な医師に関するテーマを調べまとめるサイト「Mrs.ベーリングの研究所」

おすすめ医師転職サイトまとめ【Mrs.ベーリングの研究所】

Uncategorized

転職と年代

更新日:

転職する年代として考えられるのは20代と30代でしょうが、どちらの方が転職に向いた年代だと言えるのでしょうか。現在は長い就職氷河期から抜け出しつつあるとはいえ、デフレが続いて停滞しているという日本の経済状況に変わりはありません。

20代は就職活動で大変苦労した末に入社して間もない世代です。多少の不満はあっても、日本が不景気に喘いでいることをよく知っていますから、簡単には転職を決意しないでしょうし、またそうすべきでもないでしょう。では30代、40代なら転職に踏み切ってよいかと言えば、話はそう単純ではありません。

30代後半以降の年齢層の人は中途採用において相当のスキルを求められます。特に大企業では、相応する資格や、他の応募者を圧倒する経歴をアピールできない限り、まず採用されることはありません。ですから大半の人は事実上転職不可能だとされています。では30代前半の年齢層はどうでしょうか。彼らの多くは入社からしばらく経っており、中には給与・待遇に不満を持っている人がいます。隣の芝生は青く見えますから、自分を過大評価しがちな彼らはすぐ転職に踏み切ります。

しかし注意しなければならないのは、募集をかけた企業が提示する条件は、応募者の現在の給与額を参考にして算出されるということです。例えば本来1000万円支払う価値のある仕事ができる応募者を採用する段になり、その応募者の現在給与額が600万円であることを知るや、800万円での妥結に誘い入れようとします。もちろん1000万円という真の評価額は隠して提示しますから、応募者は気付かずにその条件を呑んでしまうのです。このような例を知れば、30代もまた安易に転職すべき年代でないことが分かるはずです。

-Uncategorized

Copyright© おすすめ医師転職サイトまとめ【Mrs.ベーリングの研究所】 , 2019 All Rights Reserved.