色々な医師に関するテーマを調べまとめるサイト「Mrs.ベーリングの研究所」

おすすめ医師転職サイトまとめ【Mrs.ベーリングの研究所】

Uncategorized

格差の末の海外転職

更新日:

最近の論壇でよく指摘されるものに「世代間格差」があります。日本全体の貧困化は様々な指標が明らかにしているところですが、世代の別で貧困の深刻さは大きく異なり、日本の貧困化の割を最も食っているのは若者だというのが、その主だった内容です。

確かに貯蓄に余裕のある高齢者が貧困に喘ぐ若者から社会保険料をむしり取っている構図は歴然と存在し、その証左として、今の日本に嫌気が差した若者が海外に移住するケースも急増しています。高齢者の福利厚生を案じることは欠かせませんが、若者の現在の貧困を無視することも許されません。しかし政府が本腰をすえて世代間格差の解消に取り組んでいるとは言えず、政策に見切りをつけた若者は「海外に転職」せんとして、脱出を図るのです。

彼ら若者にとって、国内での転職活動が選択肢足り得ないのには理由があります。バブル以前と比べて転職活動がメジャーな行為になったとはいえ、まだまだ終身雇用制度も有効です。他国と比較して労働市場の流動性が極めて低いのに、解雇されないという保証もありません。一言でいえば、自分の将来を予測するのが困難なのです。日本のこうした社会構造は再就職のリスクを顕在化し、敏感な若者は端からその構造に呑み込まれないように心掛けます。ですから「海外脱出」は必然的な帰結と言えるでしょう。

バブル期は当然転職が起こりにくい時期でした。給与が増え続けているのにわざわざ転職するのは馬鹿らしいと考えられたからです。しかし同時に起業者も量産された時代でした。若者は希望に満ち溢れ、冒険することを厭わなかったのです。結果的にバブルが崩壊し、当時の起業者の多くも沈降したわけですが、こうした歴史に学べば「海外脱出」の前途もまた、揚々たるものではないのかもしれません。

-Uncategorized

Copyright© おすすめ医師転職サイトまとめ【Mrs.ベーリングの研究所】 , 2019 All Rights Reserved.