色々な医師に関するテーマを調べまとめるサイト「Mrs.ベーリングの研究所」

おすすめ医師転職サイトまとめ【Mrs.ベーリングの研究所】

Uncategorized

転職とは何か

更新日:

今では当たり前のように「転職」という言葉が用いられ、斡旋業者の広告もメディアやインターネットを賑わわせていますが、実は転職が盛んになったのはバブル崩壊後のことで、日本では戦後長きに亘って終身雇用が一般的でした。この事実は若い方もご存知のはずですが、意外に知られていないのは、この終身雇用制度もまた歴史の浅い制度であるということです。少なくとも戦前には見られない制度でした。

戦前は間接雇用制度が主流で、多くの職人が親方と呼ばれる匠に師事し、親方が受注した仕事を手伝って対価を得るのが普通でした。しかし戦後はそれまでの職人を「会社員」として、企業が直接雇用するように一変しました。この直接雇用システムの長年の試行錯誤の末に慣習となったのが、いわゆる終身雇用制度だったのです。終身雇用制度の中にあっては、会社員は中々退職できません。在職期間が長くなると給与が増えることから、途中退職するのに相当の勇気が必要だからです。また退職しても就職活動が成功するとは限らず、戦後しばらくは転職に挑戦する者がほとんど現れませんでした。

特に高度成長期は転職など考えたこともない労働者が大半を占めましたが、バブルが崩壊すると、労働市場は激変しました。不況で解雇されるケースはもちろんのこと、自社の将来性を悲観した上で自主退職する者、万一に備えてキャリアアップを図る者も急増し、会社はもはや一生涯付き合う存在ではなくなったのです。

自分のQOLを優先し、給与額や仕事内容、職場環境に関して現在の勤め先と他社とを比較することは、労働者の当然の権利でもあり、世界の労働市場におけるスタンダードでもあります。他方、終身雇用制度のメリットが失われたことも確かで、簡単に答えの出ない問題だと言えます。

-Uncategorized

Copyright© おすすめ医師転職サイトまとめ【Mrs.ベーリングの研究所】 , 2019 All Rights Reserved.