色々な医師に関するテーマを調べまとめるサイト「Mrs.ベーリングの研究所」

おすすめ医師転職サイトまとめ【Mrs.ベーリングの研究所】

Uncategorized

医師の転職と医局

更新日:

日本の医学会には「医局」と呼ばれる特殊な学閥が存在し、医学生は大学を卒業すると、いずれかの医局に入局することが慣わしとなっています。医局は医師の同業者組織で、各診療科目の教室を意味しますが、実際には医学部の教授を頂点とした人事組織であり、法令上も定義されているわけではありません。

医局は研修医師の就職や、関連病院の医師の転職に大きな影響を与えます。例えば研修先や勤務先は医局が指定し、医師はそれに従います。関連医療機関は必要とする医師像を医局に伝え、医局はそれらの情報を管理して医師を派遣する仕組みです。医療機関は技術と経験に長けた優秀な医師を欲する一方、若くて未熟な医師も希望します。何故なら医療機関も経営者である以上、高給の医師ばかりを雇い入れるわけにはいかないからです。

従って医療機関としては数年ごとに、雇用する医師を入れ替えるのが経営合理的であり、医局もそれに応えるために若い医師を積極的に招き入れます。若い医師や未熟な医師も、医局に従えば自分に相応の現場で研鑽を積むことができ、将来の評価や昇給を期待することができるのです。

しかしながら2004年以降は初期臨床研修が義務化されたことで入局者数が減少し、医局を介さない転職が増えています。転職を斡旋する企業は医療業界と関わるところもあれば、無関係なところもあり、特に後者のエージェントは医師一人一人のQOLを重視しながら転職先を探すノウハウを積み重ねてきました。医療機関も医局に好意的とは限らず、医師不足で悩んでいる病院が入局していない医師を雇い入れることも生じ始めていますが、このような動きもエージェントの入れ知恵であることが多く、転職斡旋会社に支払う額と医局に研究費の名目で寄付する額を天秤にかけて決まります。

-Uncategorized

Copyright© おすすめ医師転職サイトまとめ【Mrs.ベーリングの研究所】 , 2019 All Rights Reserved.