色々な医師に関するテーマを調べまとめるサイト「Mrs.ベーリングの研究所」

おすすめ医師転職サイトまとめ【Mrs.ベーリングの研究所】

Uncategorized

世界の医師制度

更新日:

米国では弁護士のライセンスや各種資格と同様、医師免許も州によって交付されています。日本の医師免許とは異なり、実際の診療には専門医資格も要求されます。手術のレベルや診療スキルも細かく区分され、高いレベルの診療には相応の資格を求められます。これらの資格は数年に一度更新され、絶えず研鑽を積み、実績を残さなければなりません。

英国でも日本とは異なり、診療には専門医資格が求められます。また家庭医療と専門医療とが峻別されますが、いずれも専門領域とされ、家庭医療が軽んじられるわけではありません。医師免許の国家試験は無く、ライセンスは医学部の付属する大学が付与します。大学の5年を経ると2年間の臨床研修が課され、修了すると専門領域を選択することができます。しかしこの時点ではまだ診療が許されません。専門領域の研修をさらに受け、最後に試験に合格しなければならないのです。英国の医師免許は英連邦の国々では有効とされます。

ドイツでは英米と同じく、専門医資格が診療には求められます。医学大国であることから医師会の影響を離れて診療することは事実上不可能であり、開業しても専門医資格を有さない限り、公的健康保険に対する請求はできません。

中国では西洋医学部と中医学部とに分かれており、それぞれ卒業と1年のインターンが課され、修了すると医師免許受験資格が付与されます。医師免許も西洋医師免許と中医師免許とに分かれており、一方が他方を兼ねることはありません。

日本では大学の医学部を卒業して医師国家試験に合格すれば医師免許が付与されます。診療を行うために、免許取得後2年間の臨床研修を受けることが努力義務とされていますが、基礎研究医や産業医には課されません。

-Uncategorized

Copyright© おすすめ医師転職サイトまとめ【Mrs.ベーリングの研究所】 , 2019 All Rights Reserved.